時給2000円レベルのパチンコ/スロ収入を目指します。 収支やパチンコに関する疑問、考察などを日々の日記に書いていきます。~パチンコ必勝ガイド 勝者に学べ! のコーナーに掲載されました~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大当たり出玉

大当たり出玉の削りについての感覚的な考察。


自分が良く打つエヴァンゲリオンは1ラウンドが9個カウントとなっている。


自分は大当たりラウンドで止め打ちをすることがある。
やり方は、9個カウントの場合なら7個とか8個入ったときに打ちだしを止めてムダ打ちをなくすというものである。


今回、大当たり出玉を計測するということをやってきた。
そのお店(O店)で大当たりラウンド止め打ちをするとき、7発止めだと失敗することが多く、8発止めだとほぼ成功した。
そして自分ではこの状況で、たいして大当たり出玉は削られていないと思っていたが、実際には1410発と80発ほど削られていることが分かった。



ここで感覚的な削られ方の目安として、

7発止めでほぼ成功する ・・・ 削りなし
8発止めでほぼ成功する ・・・ 100発弱の削り

と言ったように、感覚的にもある程度把握できそうだ。


初めて打つお店、台のときは、感覚的にある程度目安をつけることで、早めに大雑把な期待値計算をすることも大事だと思う。

そういった意味で、大当たり出玉をきっちり1箱に分けられないときは、大当たりラウンドの止め打ちで7発止めなのか8発止めなのかで削られているかどうかをある程度予測しておく方法も今後活用していこうと思った。


が、正確に数えるのがやはり1番であるので、正確に数えるチャンスがあればまずこれを最優先でやるとうことを肝に銘じておこうと思う。
スポンサーサイト
[ 2010/05/06 01:16 ] コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kujira

Author:kujira
社会人6年目のサラリーマン。
2011年はパチンコ必勝ガイドの”勝者に学べ!”に出演しました。


ネトゲープレイヤーです。現在はAOCを中心にプレイ中。

今年度の成績
4月:+26万1155円
5月:+99万7903円
6月:+72万7613円
7月:+23万3612円

2011年:+292万1017円
2012年:+ 79万2981円
2013年:+ 80万円くらい(PC破損のため詳細不明。)
2014年:+103万5281円

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
512位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。